忍者ブログ
ぴんくそーだのちょっとエッチなブログだよ★
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

某百貨店前で彼と待ち合わせ、今日は初めてのデートなのだ。

彼とは何度かライブハウスで顔を合わして何時の間にかメールとかするようになってた。
好きな音楽が似てる、昼間は一応サラリーマンって事以外実はあまり知らない。
なんせ爆音が響く中でしか言葉交わしたことしかないんだもん。
日の当たるこんな時間に顔を合わす事すらまだ違和感がある。
いつもは着ないワンピースで少し女の子っぽくしたけど気が付いてくれるかな?

「よっ!」

サラリーマンらしくしっかりスーツを着こなした彼が陽気な笑顔で声を掛けてきた。
黄色いネクタイが似合ってる。

「なんか、いつもと雰囲気違うから最初分からなかったよ。どこのお姉さんかと思った(笑)」

「え~、何それ?誉めてくれてるの?それとも、いつもはお姉さんじゃないってことぉ?」

彼の冗談で緊張が少しほぐれた。

「とりあえず行きますか?」

慣れた手つきでアタシの腰に手を回し、アタシ達は歩き始めました。
腰に触れた手が少しくすぐったくて、みょうに腰がひけちゃう。
気が付かれないように、しっかり歩かなきゃ。

「ベタだけど映画でいい?見たいのあるんだ、付き合ってよ。」

「うん、いーよ♪」

誘いかたも巧い。この男、なかなかやるにゃ(笑)
映画館行くまでの道程が長い…腰がぁ感じちゃってきてます(照)
何を期待してるんだぁ、アタシ。
彼はそんな事思ってないぞ?
PR
どれくらいボゥ…っとしていたんだろぅ?
もぅ終わりだと思っていたけど違ったみたいだった。
先生はバキューム(診療台に備わってる唾液など吸い取る歯科用掃除機)を片手にまたもやアタシのスカートを捲りあげた。
ジュジュジュ…。
鈍い音と一緒にアタシのエッチなお汁が吸い上げられる。

「あんっ!…せんせっ…」

ジュププっと音が止まり、バキュームがクリを吸引する…。

「っん!あぁっん。せんせっ…いたいよ…っあぁっん」

「ってか、水分取ってるのに間に合わねぇし。まだ溢れてきてない?しょうがねーなぁ。」

先生はとびっきりの笑顔をアタシにくれた。


★おしまい★
「さわって…くださぃ…」

…ぁぅ…。口に出した瞬間、どうしようもない恥ずかしさがこみ上げてきた。
先生の顔を直視する事も出来ず、アタシは俯いてしまった。
そして、先生に足首を掴まれ姿勢はM字型に足を開脚するよう矯正された。

「ゃぁ…。見ちゃ…やぁ。恥かしぃ…ぃ。」

今までこんな明るい所でエッチなんてしたこと無いのに…。
先生に全部見えちゃうよぅ…。
あぁ…もぅ。恥ずかしいよ…。
足が自然と内股になる。
でも、先生がそれよりも強い力で足を押さえてくる。
そして、なだめるように先生の顔が近づいて唇と唇が触れる。

「は・・ぁ・・ん。ンン…ぁ。」

先生の舌がアタシの唇を割って、生き物のように艶かしい動きで舌と舌が絡み合う。
ぴちゃっ、ぴちゃ…ぺちゃ…っと唾液が絡まり跳ねる音が響く…。

「んぅ・…ハァ…」

キスだけでため息が出るほど感じちゃうよ。

「っ!!」

身体がビクンと震えた。
触れられた瞬間身体の力が抜けるような感覚に襲われた。
先生の指がアタシの花弁に割って入ってきた。
もうそこは、さっきまでの行為と先生の視線で内側から洪水のように濡れて濡れてどうしようもない状態になっていた。

くちゅ・・・くちゅ・・。ぴちゃっ。
エッチな音をさせて先生は指を入口付近で遊ばせる。

「ハァハァ…ぁ。ハァ…ン。んん…ぁんっ。ハァン…ハァハァ。」

弄ぶように、先生は指に絡まったイヤらしい汁をクリトリスへと伸ばしていく。
そして、本来は口内を照らすライトでアタシの秘部を照らした。

「せんせぇ…ぁぁん♪はずかし・・ぃ・・よぅ・・」

「さっきまで丸見えでオナニーしてたの忘れた?めちゃくちゃエロかった。どっちが恥かしい?」

本当はどっちも凄く恥かしいはずなのに、何故かクリトリスの皮を剥かれて露になった粒を撫でられると腰をくねらせ感じてしまう。

「んぁ・・っん。んっ・・・ぁああん。やぁ・・はぁん。」

「どっち?」

ビクンビクンと身体を振るわせ感じるアタシを楽しむように、先生は強弱をつけクリトリスを弾いたり摘んだりを繰り返す。
押し寄せる快感を押さえつけるように身をよじる、アタシ。
ぐちゅぐちゅ・・ぬちゃぬちゃ・・あぁん・・・もぅ。だめぇ・・っ。

「あっ・・・はっん・・・。かんじちゃ・・ぅ・・あぁん・・はぁん…先生に…ンッ・・みられるのがはずかしぃ・・のぅ・・かんじるぅのぅ・ん」

アタシの言葉を聞くと先生は満足げに微笑み、指はクリトリスを…、腟をぐちゃぐちゃと掻き混ぜ、そしてゆっくりと上下に動かされる…。

「オマエ濡れすぎ。ぐちょぐちょ…ほら。」

先生は、腟から抜かれた指には手のひらを伝い手首までぬめっと光る汁が垂れていた…。

「はぁっ・・・ん。んん・・・っ」

先生の指の動きが激しくなって、腟の1番感じる所をグリグリとしてくる。
あぁん・・・頭がおかしくなっちゃぃそぅ・・・。いつも以上に気持ちがぃぃよぅ。

「あぁぁ・・ぁ、あぁ・・ぁん。なんか・・ぁああん。ダメェ・・はっぁ・・ぁ。いちゃぃそ・・ぅ・・。あぁっ・・ぁん。」

腰を浮かせ、先生の指に身体を擦るようによじらせ、快感を煽る。
声はどんどん猥らに、叫ぶように感じる。

「はぁやぁ・・・ぁん・・ぁあん。あぁぁ・・。」

身体を上下に揺すり、先生の指を体イッパイに感じる。

「あー、後にチャックじゃ、乳は無理だね。」

少し残念そうに笑いながら、先生は言った。
制服のワンピースは背中にチャックがついてる形だから、この姿勢じゃ脱がない限り胸を露にすることは出来ないんだ。
アタシはそんな先生をボーっと見ることしかもう出来なくなっていた。
ジンジンとこみ上げてくる恍惚感。

「んんっ・・ぁ・・ん!やぁ・・ぁあ・・・・ぁんっ。」

にゅちゃにゅちゃ・・ピチャピチャと激しい音と指のピストン運動。
揺れる診察台。
アタシの腰も激しく動く。
あぁ・・ダメ…イッちゃぃそ・・ぉ。

「ああぁんはぁっっ・・ぁああんっ。やぁ…やぁ・あ・あぁあぁんんっ!!」

ビクビクと体を振るわせ腰を浮かせ、アタシはイってしまいました…。
先生の指だけで…いっちゃぃました。
ドクンドクンと腟が波打っているのが分かる…。
トロンと溶けるように腟が熱い。

「ぁ・・はぁ・・・ぁは…ぁ。」

「オマエさぁ、すっげぇ・・可愛い。」

先生の声が笑っている…。
なんでこの人は、アタシをこんなにも嬉しく恥かしくさせる一言を沢山知っているんだろう?

先生はやさしく舐めるようなキスをアタシにくれた。

はぅ…股間を照らすライトの光が暖かい…。
えっ?ウソ?!な、なんで先生がいるの??

今までの全部先生に見られちゃっていたの?
先程までの自分自身の恥ずかしい行為を思い出すと、声も出せない。
弁解なんて…出来ないよ…ぅ。
どぅしたらいぃの?
アタシは振り向いた姿勢のまま、声を出すことも動く事も出来ずにいた…。
先生は何も言わずアタシを見つめている。
はぁ~、どうしょぅ…何か何か言わなきゃ…。

「…せ、せんせぃ…ゴメンナサイ…アタシ、アタシ…」

震える声でアタシは言った。なぜか瞳は涙でいっぱいで先生がぼやけて見えた。
先生は低いけれど穏やかな声で、

「こっちに来なさい。」

アタシは先生に言われるままに診察台に座った。
先生は黙ってアタシのピンクのスカートの中へ手を伸ばし、内腿をそっと撫でてた…。
脚の付け根まで、そっと…触れるか触れないかギリギリにさするようにそ・・っと撫でる。
くすぐったいのと心地良さが快感となり深いため息をついてしまう。

「…はぁ…。」

先生はさっきの一言以来何も言わない…。言ってくれない。
その視線は刺すようにアタシへと向けられている。
この視線がアタシの股間を熱くする。
ジワジワと内側から溢れるものを感じる。
あぁ…お願い…先生のその指で触って欲しぃ。
アタシの思いとは裏腹に、先生は焦らすように内腿を膝から脚の根元までをゆっくり愛撫する。

「あのさぁ、言わないと俺帰るよ?」

急に先生の動きがとまる。

「はぅ…せんしぇ~。やぁ~。」

すがる様にアタシは先生を上目使いで見つめてみる。
分かっているんだぁ…先生はアタシに触って下さいって言わせようとしてるんだって事…。
言わないと、先生はきっと帰ってしまう。
それくらいは予想出来る…。
こんな状態で一人置いてけぼりにされるなんて、絶対ヤダよぅ。
スカートの中から出された先生の手を掴み、アタシは消えそうな声でその言葉をついに発した…。

「さわって…くださぃ…」
「…ぁ…っん。」

んぅ…ダメだよぅ。こんな場所で…誰か来ちゃったら大変…。でも…。

「はぁ…ん。はぁ…。」

気持ちとは裏腹にアタシの息は快感に煽られて、どんどん荒くなっていく。
そして溢れ出る少しぬめりのある液体を指に絡め、クリトリスを潰すようにこすりつける。
知らず知らず喘ぎ声も大きくなってしまう。

「っぁあ…っんん。は…ぁんっ。」

いつの間にか、アタシは左手と両膝を床に付きお尻を高く上げ腰を落としたイヤラシイ姿勢になっていた。
スカートからはきっと中身が丸見えのその姿で、クチュクチュ、ピチャピチャと音をたて快感に酔いしれていた。
まさかこの時、先生が診察室に戻って来なんて・・・アタシが気が付くはずもなかった。

「ん…っ。ダメっ…はぁん。あぁんっ…クリちゃんいぃ~。ぁあんっはぁん。あっ…イッちゃぅ…」

アタシの指はぶっくりとしてきたクリトリスを集中して円を描くようこねくりまわしていた。
息も途切れ途切れに、切ない声で喘ぐ。

「ぁぁんっ・・んっ・・んん・・はぁ~。あぁん・・はぁ・・ん」

秘部の割れ目からジワジワと溢れ出た愛液が腿を伝っていた。
膣もいつのまにかピクピクと痙攣し、さらに濡れてくる。
敏感になり過ぎたクリトリスへの刺激。
歯を食い縛り瞳には涙が溢れ…。
さらに指は激しくクチュクチュと音をたてクリトリスを愛撫する。
どんどん指の動きは早まっていった。

「あぁ…ああぁ…っ!んん。はぁ~っイッちゃ…ぁぁあっ…ぁん!イッチャぅぅ~」

ビクンと身体に刺激が突き抜けた。

「ん・・んんぁぁ・・ぁぁあんっっ!!!」

その瞬間アタシは全身の力が抜け床に俯せてしまった。

「ハァハァハァ…。」

荒い呼吸はおさまらない。

「…ハァ。イッちゃったよぅ…」

先生の病院で一人でイッてしまった事に対し少し罪悪感をもちつつ、右手で股間の割れ目を拭ってみる。
濡れてひかる手の平。

「…………。」

こんなにトロトロになっちゃってイケナイ子。
床にも滴れ落ちてしまった愛液がぽつんと光っていた。
掃除しなきゃ・・ばれちゃう…。
アタシは、受付にあるティッシュを取りにゆっくり立ち上がり、振り向いた。

「えっ?!…ぅそ…ッえ?ぃつから・・・??」

アタシは動揺が隠せない…。
だって、振り向いたその先には先生が、静かにアタシを見ていたんだもん。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
最新コメント
裏★ぴんくそーだ Produced by ぴんくそーだ      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]